SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

jitenfetiの総合漢字ブログ……三字・四字熟語と慣用句のブログ

 三字熟語・四字熟語・五字熟語・慣用句などをキーワードにしながら、国語や漢字の話題ばかりでなく、政治経済・社会問題から芸能界や身近な話題まで切り取るブログです。
 単なる言葉と漢字のブログではありませんが、記事よっては、単純に言葉や漢字の話題も取り扱います。
 また、漢和辞典などの辞典や国字・字源・名づけに関する話題もしますが、あまりマニアックにならないように気をつけたいと思っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
(51)JIS漢字には、個人文字も含まれているのをご存知ですか
応援大感謝くる天ブログランキング総合1位
並びにブログの殿堂地域ランキング総合1位同時達成

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ブログ検索☆BITZ
のランキングをクリックして応援してください。
社会人ランキング5位(アウト、すなわち私のブログへのインは、2位)です。応援を感謝します。


くつろぐブログランキング
のランキングをクリックして応援してください。
学問ランキング2位/162ブログ(科学・技術総合も2位/254ブログ)です。1位同点です。応援を感謝します。


抜きつ抜かれつ、総合ランキング1位争い、大熱戦です。
をクリックしていただければ、勝っているかどうか分かりますし、ランキングへの応援にもなります。

をクリックして、応援してください。


ダントツの1位で大感謝、そして大変驚いています。
四国は、三度1位〜12位独占に近づいています。応援感謝します。
 をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛位(最高1位)(四国1位)。2位〜8位・11位〜13位・16位も私のブログです。
社会人ランキング・読書ランキング・地域ランキング総合も1位です。


のランキングにも参加しました。
人気blogランキング
35位です。ブログの殿堂同様にクリックして応援をお願いします。



BS blog Ranking

のランキングをクリックして応援してください。


 JIS漢字には、「高」の俗字のいわゆる「はしごだか」がありませんが、普通ほとんど使わないだろうという字が入っています。

 最も有名なのが、魯迅が『故郷』で使った「チャ」と読む「瓜が好きなアライグマに似た動物」の名前の漢字「獣偏に査(且の部分が旦)」です。

 この動物自体、魯迅の創作です。

 よって、この作品が魯迅の全集や選集に載る場合以外にこの字を見る機会は、こんな字があるという話題・教科書にこの作品が載る場合・漢和辞典などでこの字を解説する場合に限られてしまいます。

 日本の作家の作った文字も教科書から拾われています。

 一番有名なのは、芥川龍之介の『地獄変』からとられた「車偏に因」の「とこ」という字ですね(漢和辞典には、別の字源説が出ていますが、単に「革偏に因」を芥川龍之介が間違っただけではないかと思っています)。

 「黒(旧字体)偏に玄」は、「くろ」の意で使われていますが、こちらは、作家も作品もちょっとマイナーです。

 白土三平の漫画の名前から「人偏に黒(旧字体)」と「身偏に黒(旧字体)」が拾われていますが、こちらは、江戸時代からある忍者文字です。


 こういう記事を読んでみたければ、私の「国字と異体字のブログ」や「漢字・字源・漢和辞典のブログ」をご覧ください。



1位(教育・学問でも1位、現在は、総合1位争い中)です。2位(総合5位)・3位(総合8位)〜13位も私のブログです。
をクリックして応援してください。 

 なお、四字熟語のブログと勘違いしてこられた方は、「四字熟語っぽい四字熟語と漢字のブログ」か「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を見ていただければ、幸いである。



くつろぐブログランキング
のランキングをクリックして応援してください。


↓をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国1位〜11位・13位です。


のランキングにも参加しました。
人気blogランキング
35位です。ブログの殿堂同様にクリックして応援をお願いします。




20位です。クリックではなく、記事を見ていただくことによってランクが上がりますので、ご訪問自体が応援になります。


 12月3日14時頃にこのブログを開設し、12月は、2,466アクセス、1月は、2,371アクセス、2月は、2,282アクセスありました。3月は10日現在2,834(昨日は、527アクセスありました)アクセスです。ご訪問感謝します。
| 漢字規格(JIS漢字その他) | comments(0) | trackbacks(1) |
(41)中国のインターネットは、100万字制限
抜きつ抜かれつ、総合ランキング1位争い、大熱戦です。
をクリックしていただければ、勝っているかどうか分かりますし、ランキングへの応援にもなります。

をクリックして、応援してください。

ダントツの1位で大感謝、そして大変驚いています。2位・3位も私のブログですが、この二つの人気が落ちたと言うわけではないので、本当に驚いています
初めての1位〜12位、完全制覇は、7位(四国は、11位)までになりましたが、それでもやはり有難いことです。ご訪問・応援を感謝します。
 をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
愛媛位(最高1位)(四国1位)。2位〜7位・9位〜12位なども私のブログです。
社会人ランキング・読書ランキングも1位です。


のランキングにも参加しました。
人気blogランキング
41位です。ブログの殿堂同様にクリックして応援をお願いします。


日記・ブログランキング

をクリックして、応援してください。



 中国のインターネット環境は、インターネット警察官という情報統制をする職がある。

 そのような中で、100万字制限などというと、ブログとかホームページを書く人に対する制限のように聞こえるがそうではない。

 パソコンとハードに対する制限なのである。

 日本のパソコンは、OSが、ビスタとなって、やっと13,000字余りの漢字が使うことが出来だしたが、まだまだ制限が多い。

 これに引き換え、中国政府の対応は、ハードメーカー・ソフトメーカーに厳しい。

 中国の国家規格は、100万字に対応できるだけの漢字規格の広さを持ち、少数民族の文字にも対応できるようになっている。

 そしてこれに対応しないパソコンもソフトも製造を認めないのである。

 これに対し、日本では2000年に新規格が決められ、2004年に小さな手直しが成されたが、それに対する対応に7年もの月日を要したのである。

 中国の文字環境が、本当にうらやましく感じられるものである。


 昨日の記事を書いたあと、次ののランキングで、総合1位になりました。


1位(教育・学問でも1位、現在は、総合1位)争い中です。2位(総合4位)〜12位も私のブログです。
をクリックして応援してください。 

 なお、四字熟語のブログと勘違いしてこられた方は、「四字熟語っぽい四字熟語と漢字のブログ」か「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を見ていただければ、幸いである。





↓をクリックして応援してください。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
四国1位です。2位〜11位・13位も私のブログです。


のランキングにも参加しました。
人気blogランキング
41位です。ブログの殿堂同様にクリックして応援をお願いします。





 12月3日14時頃にこのブログを開設し、12月は、2,466アクセス、1月は、2,371アクセス、2月は、2,282アクセスありました。3月は、6日現在1,422アクセスです。ご訪問感謝します。
| 漢字規格(JIS漢字その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
くつろぐブログランキング 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング ブログ検索☆BITZ
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
RECOMMEND
学研新漢和大字典 普及版
学研新漢和大字典 普及版 (JUGEMレビュー »)

 親字19,700、熟語120,000ともに、一冊本中型漢和の中で二番目に多い。他の中型漢和が20,000円以上する中で、普及版とはいえ、9,240円は、格段に安い。編集協力者の中に私の名前があるが、118項目に訂正意見を述べ、約100項目採用されたに過ぎない。
RECOMMEND
三省堂 慣用句便覧
三省堂 慣用句便覧 (JUGEMレビュー »)

 文庫版512ページのハンディなサイズに、最大級の4,500項目の慣用句を収める。簡潔で分かりやすい解説のほか各項目に一つずつ用例がついている。
RECOMMEND
漢字源
漢字源 (JUGEMレビュー »)

 親字17,300、熟語88,000は、中型漢和(新大字典、大漢語林、大字源など)に遜色ないレベル。まさに、学習漢和のモンスターといえる。藤堂先生が書いていない字源は、全訳用例漢和辞典の編者にして、藤堂字源説の唯一の継承者、加納喜光氏が担当した。
RECOMMEND
北原コレクションちょっといい漢字
北原コレクションちょっといい漢字 (JUGEMレビュー »)
北原 照久
 おもちゃコレクターと思っていたら、漢字のコレクターでもあったという北原照久の漢字字源本
RECOMMEND
辞書が教えない三字熟語
辞書が教えない三字熟語 (JUGEMレビュー »)
加納 喜光
 約2,300語を集めた唯一の三字熟語の専門辞典。古書でしか手に入らないのが残念。56のパターンに分け、解説しており、あまり堅苦しさはない。
RECOMMEND
全訳 漢辞海
全訳 漢辞海 (JUGEMレビュー »)
戸川 芳郎
 親字12,500は、すでに平凡な数字。用例は全訳されてあり、熟語も含めて、ほとんどすべてに典拠がつけられている。協力者、261人というのも、驚き。
RECOMMEND
全訳用例漢和辞典 ビジュアル版
全訳用例漢和辞典 ビジュアル版 (JUGEMレビュー »)

 親字8,800、熟語20,000、ハンディーでかわいい装丁の漢和辞典。編者は、藤堂字源説の唯一の継承者、加納喜光氏。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 国語辞典全売上の約3割を占めるダントツのベストセラー。しかし、なんと言っても、非常に癖が強くて、高校生には、すすめられない。具体的事実については、記事で書いていく。
RECOMMEND
日本国語大辞典〈別巻〉
日本国語大辞典〈別巻〉 (JUGEMレビュー »)

 日本国語大辞典の索引巻。見出しの漢字が、部首引きの漢和辞典の並び方に並んでおり、その元に漢字見出しの項目が二文字目の漢字の画数順に並んでいる。これとは別に方言索引や出展一覧もついている。方言索引は、見出しにないものも含め14万語収められており、出展一覧は、3万の出典から主なもの6,000を選んで、作者名・底本名・成立年などが付けられている。本文13巻を縦横に使うために不可欠なものである。
RECOMMEND
みんなで国語辞典!―これも、日本語
みんなで国語辞典!―これも、日本語 (JUGEMレビュー »)
北原 保雄
 明鏡国語辞典の編集部が、どう時点の読者などに呼びかけて作った辞典。国語辞典に載っていない言葉を中心に、言葉とその解説を募集し、優秀作約1,300語を集めたもの。
RECOMMEND
大修館 現代漢和辞典
大修館 現代漢和辞典 (JUGEMレビュー »)

親字7,500、熟語25,000だが、ゆったり組んであることと1冊本で唯一熟語索引があるため、普通の漢和辞典とボリュームは、変わらない。
 JIS第一・第二水準のみ対応であるが、高校生や一般用としては、十分である。
RECOMMEND
頭がよくなる四字熟語力
頭がよくなる四字熟語力 (JUGEMレビュー »)
斎藤 孝
 主に、四字熟語+力の形の熟語を解説しているので、四字熟語の本と思いがちだが、実は五字熟語の本
RECOMMEND
なんでもわかる日本語便利帳
なんでもわかる日本語便利帳 (JUGEMレビュー »)

 ハンディーなサイズに四字熟語・難読語などの漢字知識、慣用句などの言葉の知識ばかりでなく用字用語の基本知識や百人一首まで載った、まさに日本語便利帳
RECOMMEND
漢字源
漢字源 (JUGEMレビュー »)

 親字12,600、熟語77,000。JIS第1〜第4対応。今月中旬JIS補助漢字にも対応し、親字17,000、熟語88,000と優に中辞典並の漢和辞典となる。
RECOMMEND
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き] (JUGEMレビュー »)
浅岡 省一
 最初にJUGEMを使うにあたって、「できるブログ」を使ったが、こちらのほうが初心者向きだと思う。
 JUGEMでブログを作ったことがある方には、付録の使いで以外あまり価値がないが、JUGEMが初めてという方用としては、優れている。
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode